바로가기 메뉴
Content 바로가기

社区

全北新消息

Home > 社区 > 全北新消息

게시판 뷰
全羅北道、生態観光の活性化に「拍車」
Writer Manager Date 2019-04-17 Hit 76
File [꾸미기]뜬봉샘.jpg (297 kb)
Content

道内12ヶ所の生態観光地で21個の体験プログラムを運営

 

旅行体験1番地を掲げた全羅北道が、生態観光地で全北の美しさを五感で体験できる体験プログラムを本格運営する。生態観光体験プログラムは、地域幼稚園や小・中・高校と連係して現場学習、自由学期制進路探索などの機会を提供し、個人または家族単位で参加することができる。

 

今年は全羅北道第2号の国家生態観光地域・井邑(チョンウプ)生態観光地で湿地保全地域であるウォリョン湿地とソルティスプを中心に構成した。植物生態を経験するボタニック遠征隊、山鳥や水鳥を学習するエコバーディング、餅作り体験および村の生態食卓プログラムを運営する。

 

長水・トゥンボンセム生態観光地では金剛の始まりであるトゥンボンセムをテーマとし、トレッキングサウンドスケイプ・森ヒーリングプログラムを常時運営し、3つの村の森探訪、生態食卓を体験するソリ風景旅行や、韓国で2番目に古い韓屋聖堂・水分公所を含んだFAMツアーなどを行う。

 

群山の靑巖山(チョンアムサン)エコラウンドでは、湖の水辺を探訪でき、生態・歴史解説プログラムである靑巖山の生態番人の物語、高敞(コチャン)の雲谷(ウンゴク)湿地一帯では花ブランチ(弁当)と共にホアムマウル一帯を体験するエコロード・シナブロやフラワーパーティーなど9市・郡で21個の多様な体験プログラムを運営する。

 

お問い合わせ:自然生態課 生態観光チーム +82-063-280-4176

목록